突っ込み買いの吹き値売り

突発的な材料などによって時に相場は行き過ぎて上昇したり下落する事があります。

天災や好材料によって相場が急落や急騰した時、みんなが同じ方向を向いている時こそ逆方向で考えてみるのです。

相場はいずれ適正価格に戻ろうとするものなので、その習性を利用した逆張りの発想です。

ただし、ただ動く方向の逆張りすればいいというものではありません。
その時の相場背景を熟慮し、指標の過熱感などから現在の相場でこれは行き過ぎ、と判断した時にのみ勇気を出して逆張りで挑む選択肢を持ってもいい、という意味です。

もちろん突っ込みすぎと見えた下落がそのまま止まらない事だって考えられるので、損切りポイントはしっかりと設定しておきましょう。

コメント