二番底は黙って買え

二番底というのはチャートでよく見られる形で、下降トレンドが大底をついた後に反発、再び下げだすも大底手前でまた反発した状態です。

チャート上ではダブルボトムともいって昔から重要視されるサインであり、下降トレンドが終了する時によく見られる状態です。

大底をついて反発後、すぐに上昇トレンドとなることは稀で、ぐずついた動きを見せた後再び下値を試しにいき、大底手前で反発すれば二番底形成となります。
大底の反発に飛びついて買いを入れるよりリスクもかなり抑えられ、大底を割ったところで損切りポイントを置けばいいので多くの人にわかりやすい仕掛けのポイントになります。

ただし、もちろん三回目の下落で底割れする事だってあるので過信は禁物です。

コメント