登り百日、下げ十日

相場は上昇するときは短期の買いと利食い売りをこなしながら少しづつ上昇していきます。
上昇には時間がかかるという意味で「登り百日」と言います。

天井圏に入ると上昇は更に加速し、次第に過熱感も強まってきます。
そういう時に悪材料が出るとそこを天井に一気に投売りになり、鋭角的に急降下します。

何日もかけて上昇したぶんを僅かな時間で下落するという意味で「下げ十日」といいます。

コメント