見切り千両

思惑が外れて含み損を抱えてしまうと、投資家は決断を迫られます。

ここで損切りするか、戻る事を信じてこのまま保有するか。

大抵は戻る事を信じて保有しますが、相場は戻ることなく下がり続け、どうしようもない値になってから泣く泣く売り、大損失を被ったというパターンが多いです。

この言葉はそんな事になる前に損切りしてしまうという事は、ある意味千両を得るのと同じぐらいの価値がある、という格言です。

ただし、僅かな損失を恐れて早過ぎる損切りをしてしまう事は「見切り千両」とは言いません、それは最初の投資判断がブレてしまっているだけです。

客観的に観て現在の保有ポジションの見方が間違っている、と判断した時に含み損があっても速やかに損切りする事。

損切りした途端に多少値を戻したとしても気にする事はありません、逆にそこから急下落する事もあるのですから、必要経費として冷静に見切ってしまう事が「見切り千両」です。

スポンサード リンク

コメント:

この格言をご自身のブログやサイトで引用する際には、お気軽にトラックバックをお待ちしております。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.souba-kakugen.com/133.html/trackback/
トラックバック送信元リスト
見切り千両 from FX為替:株式 相場の格言・名言・ことわざ集

Home > ま行 > 見切り千両

Search

ページの先頭へ戻る