安物買いの銭失い、安物は高物、価値あるものがものをいう

普段の買い物で、安いと思って飛びついて買ってみたら使い物にならなかったり、すぐに壊れてしまったり、そんな経験がある人も多いと思います。
どんなに値段が安くても価値が無いものは高くつく、という格言ですが、投資の世界でも同じことが言えます。

株式投資でも安いと思って値ごろ感で選んだ銘柄を買うと失敗する事が多いです。
株価が下がるには、なにかしら安く見られる理由があります。

その時割高に見えても、その企業の持つ価値を見極めて投資先を選んだほうが、長い目で見れば得をする事が多い、という言葉です。

コメント