迷わば休むべし、相場は常にあり、決すれば進むべし機は瞬間に去る

迷いを持ったままポジションをとってもえてして上手くいかないもの。
迷いがある時は無理せずに休みましょう。相場はいつでもあるのですから。

しかしひとたび行くと決めたのなら迷わずにすぐに買い(売り)ましょう。
あと少し下がってから、とか次の波が始まったら、とかやっているうちに、チャンスは一瞬にして過ぎてしまうもの。
という格言です。

相場と向き合う時間が多い人ほど、迷いを持ったままでもなんとなくポジションを取ってしまい、そしてそれが当たり前になってしまいがちです。

この格言のように、常にメリハリを持った投資を心がけたいですね。

コメント