相場に過去はない

相場をやっていると、大きく上昇する前に買うことが出来ず、「あの時買っておけば…」と後悔した事は誰もがあるでしょう。

しかし、後からチャートを見て後悔する事に意味はありません。
上昇する前のその時、買おうか多少迷いを持ったとしても、実際迷った末にやはり買わなかったのなら、それは縁が無かったのです。

仮に再び全く同じような状況が訪れたとして、今度は買ったとしても、その後同じように上昇するとは限りません。逆に今度は下落して損をしてしまうかもしれない。

「迷わば休むべし」。
迷って買わなかったのなら、その時はたまたま結果的に儲けそこなったとしても、それは失敗ではありません。

コメント