難平商いは怪我の因

難平(ナンピン)とは買った時よりレートが下がって含み損を抱えた時に、更に買い増しして平均買いコストを下げようとするものです。

1株1,000円の時に買ったが、1株500円まで下落してしまったのでそこでナンピン。
その後1株750円まで戻せば損益はトントンになるので、損切りせずに逃げられるわけです。

しかし、ナンピンは一般的にあまり推奨される手法ではありません。
なぜなら下手なナンピンが元で相場を退場まで追い込まれた人が数多くいるからです。

買い増しした後に更に下落した時の含み損は、当然それまでの倍の速度で膨れ上がります。
さすがにここまで下げれば…と更にナンピンを繰り返した挙句下げ止まらなかった時には目も当てられない状態に。

むやみにナンピンに走らず、損が大きく膨らむ前にしっかり損切りが出来るように心がけましょう。

スポンサード リンク

コメント:

この格言をご自身のブログやサイトで引用する際には、お気軽にトラックバックをお待ちしております。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.souba-kakugen.com/224.html/trackback/
トラックバック送信元リスト
難平商いは怪我の因 from FX為替:株式 相場の格言・名言・ことわざ集

Home > な行 > 難平商いは怪我の因

Search

ページの先頭へ戻る