財界の見通しより相場の足取り

相場をやるうえで重要なのは、経済界の見通しよりも相場自身の足取りだ、という格言です。

噛み砕いて言うと“ファンダメンタルズよりテクニカル分析”ということですね。

中長期の投資をする場合は特に、テクニカル分析だけでなくファンダメンタルズも考慮に入れるべき、というのが一般的です。
しかし、ファンダメンタルズは同じ材料を見ても解釈のされ方が違うと、本来動くべきとは逆方向へ動いたりします。

経済見通しを見て、自分の解釈で将来の値動きを“予想”するのではなく、昨日までの相場の足取り、つまりチャートを研究して将来の値動きを“分析”する事が大事だ、ということですね。

中長期投資の場合もちろん一番良いのは、ファンダメンタルズ、テクニカルの両方が同じ方向を向いていることだと思います。

コメント