利食い急ぐな、損急げ

損切りは素早く、利は伸ばす、という投資の基本を言った言葉です。

利益が乗っているポジションは、一時的に相場が下がったとしても押し目を経て再び上昇する可能性を考えれば、利食いを急ぐ必要はありません。

利食いが遅れて一時より多少含み益が減ったとしても、それは可能な限り利を伸ばすための経費と考えれば、決して無駄ではないのです。

しかし、損が出ているポジションを、待っていれば再び買った時まで戻るのではないかという期待を抱いて損切りをしないのはよくありません。
買って損が出ている時点で、そのトレードは既に“失敗”なのです。

もちろん、「この辺りまでは下落する可能性もあるが、反転も考えて早めに少し買っておこう」という、あらかじめ許容された範囲の含み損は別ですが、「ここからすぐに上がるだろう」と思って買ったのに、そこから30pipsも50pipsも下落すれば、それは既に失敗トレードです。

失敗を認め、その時点ですぐに損切りしなければ、更に損を拡大する可能性が増えるだけです。
もし、損切りをせずにいてその時たまたま戻ったとしても、そういった危険なトレードをしていれば、遠からずのうちにその何倍もの損切りをするハメになるでしょう。

また同様に、一時は利益が出ていたポジションを、待っていれば一番上昇していた時まで戻るのではないかと欲を出し過ぎるのもよくありません。
そういった時に思い出したい言葉は“頭と尻尾はくれてやれ”です。

スポンサード リンク

コメント:

この格言をご自身のブログやサイトで引用する際には、お気軽にトラックバックをお待ちしております。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.souba-kakugen.com/257.html/trackback/
トラックバック送信元リスト
利食い急ぐな、損急げ from FX為替:株式 相場の格言・名言・ことわざ集

Home > ら行 > 利食い急ぐな、損急げ

Search

ページの先頭へ戻る