運を待つは死を待つに等し

相場をやるうえで、じっくり時を待ち、絶好の機会を待って取引をするのは大事なことです。

しかし、じっくり機を待つのと、ただ運を待つのは違います。
自分が思うような動きになるのをただ祈ることは、相場と向き合ううえで何の意味も持ちません。

例えば、買った後に思惑と逆方向へ動いた時、損切りをせずに運が向いて元の値に戻るのを待つというのは、極端に言えばロスカットという「口座の死」を待つにも等しい行為なのです。

チャートのサインを見て上がると思って買ったが、思惑と違って相場は下がり、今度は売りサインが出た。
買った理由であるサインが消えたのなら、そのポジションを持ち続ける理由も無いのですから、速やかに決済するべきです。

祈り出したら相場は終わり。
いかなる時も、ポジションに対し合理的であるよう心がけましょう。

スポンサード リンク

コメント:

この格言をご自身のブログやサイトで引用する際には、お気軽にトラックバックをお待ちしております。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.souba-kakugen.com/303.html/trackback/
トラックバック送信元リスト
運を待つは死を待つに等し from FX為替:株式 相場の格言・名言・ことわざ集

Home > あ行 > 運を待つは死を待つに等し

Search

ページの先頭へ戻る