利食い千人力

投資における利食いの大事さを教える言葉です。

相場で難しいのはポジションを持つタイミングですが、それと同じぐらい難しいのがポジションの利益を確定させる利食いのタイミングです。

株式でも外国為替でも先物取引でも、金融商品は利食いをした時に始めて本当の利益になります。

持っているポジションの評価益(含み益)にばかり気を取られ、儲かった儲かったと満足していてはいけません。

いくら含み益が増えても実際に利益を確定するまでは、まだ何一つ手にしていない状態であり、それは絵に描いた餅に過ぎないのです。

一時的につけた最高益が忘れられず、下がってしまったからもう少し値が戻ったら決済しよう、と言っているうちにマイナスになるまでポジションを持ち続けてしまった、なんて話は珍しくありません。

利食いの後に更に上昇すると損をしたような気になってしまうかもしれませんが、それはあくまで結果論。いつまでも続くトレンドはありません。
最高値で売ろうと欲張り過ぎず、「頭を尻尾はくれてやれ」で反落のリスクを感じたら確実に利益を確定しましょう。

コメント