新値にはだまってつけ

「新値にはだまってつけ」の“新値”とは、言葉のとおり今まで示現した事の無い高値、安値という意味もありますが、この場合は主にもち合いを離れる時の直近高値、直近安値を指します。

いわゆる“ブレイクアウト”です。

直近の高値や安値の外側には大量のストップ注文が置かれている場合が多く、テクニカル的にも非常に重要視されるため、ブレイクアウトと同時に値動きが加速する事が多々あります。

その高値、安値がブレイクされず守られていた期間が長ければ長いほど、ブレイクアウトした時の意味は大きいものになり、その後の値動きが大きくなりやすいです。

ですから長く守られていた重要な高値安値を割り込んで新値をつけた時は、黙って買い(売り)ましょう、という言葉です。

ただし、当然ですがテクニカルは絶対ではありません。
ストップハンティングのように新値をつけた途端に反転、怒涛の巻き返しが起こるといった事ももちろんあるので、過信は禁物です。

スポンサード リンク

コメント:

この格言をご自身のブログやサイトで引用する際には、お気軽にトラックバックをお待ちしております。

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.souba-kakugen.com/321.html/trackback/
トラックバック送信元リスト
新値にはだまってつけ from FX為替:株式 相場の格言・名言・ことわざ集

Home > さ行 > 新値にはだまってつけ

Search

ページの先頭へ戻る