株が高いときは最上に見え、安いときは最低に見える

株式に限らず、相場は安い時に買って高い時に売る、または高い時に売って安い時に買い戻し、差益を稼ぐのが効率的です。

しかし、株が上昇して既に高値圏になっている時は、株式こそ最上の投資先のように見えて遅れた資金が集まってきますが、株が下落して安値圏になると株式投資への関心は薄れ、相場は閑散します。

本来なら相場は閑散とした安値の時ほど仕込みを考える時であり、勢い止まらず上昇を続けて過熱感が出てきた時ほど手仕舞いを考えなければならない時なのですが、なかなかそう上手くは考えられないのが一般的な投資家心理です。

誰もがそっぽ向くような閑散相場の中にも、常に人とは違った視点を持って可能性を探せる事が投資の成功の鍵といえそうです。

コメント