決して相場巧者となるな、まして場面巧者となるな

相場に長く向き合っていると慣れが生まれ、つい勘や経験を頼りにした根拠の無い投資をしてしまいがちです。

それでたまたま上手くいくことが続くと、まるで相場の先が読めるような気になってしまいますが、そういったその場のアヤで稼ぐような投資では長く利益を上げ続ける事は出来ません。

ましてそういった感覚を頼りに、上がってきたから売ろう、今度は買おう、と場面場面で小手先の売買を繰り返していると、いつか大怪我をしますよ、という言葉です。

相場の動きはその時その時で全く違った顔を見せます。
たまたま自分と相場の波長が合っている時は、勘や経験だけの投資でも勝ちが続く事もありますが、ひとたびその波長にズレが生じればまったく勝てなくなってしまううえに、感覚で投資している場合は修正も利きません。

気まぐれな相場の世界で生き残るには明確な投資ルールが必要です。

コメント