建値を忘れよ

「建値(たてね)を忘れよ」とは株の長期投資に当てはまる言葉です。

株を買った建値を意識しすぎると、例えば建値から一旦大きく含み損となってから戻してきた場合に、やれやれ売りとなってしまいがちです。

逆もしかり、買った後にそれなりに上昇したのに、建値を割り込んで含み損となってしまうと損をした気分になってしまう事も。

企業の将来を見込んで長期投資の株を買ったのでしたら、建値を忘れてじっくりと構えましょう。

建値を意識し過ぎて現在の損益に惑わされると、長期投資の正確な判断に支障をきたす事に繋がってしまいます。

コメント