閑散に売りなし

売買が閑散とした状態の相場では、値動きの無い状態に嫌気が差して持っている株を手離したくなってしまいます。

そうした状態を狙って人為的に売りを仕掛けてくる人もいて、弱気になっていた人は慌てて持ち株を売ってしまう。

しかし人為的な売りは一巡すると反騰し、更には保ち合いを放れるのを待っていた人達が上放れを確認して一斉に買い出動することになります。

結果、相場は急上昇して、ただ持っていれば大きな利益を出せたチャンスを逃してしまうという事があります。

これは株相場での言葉ですが、もちろん人為的な売りではなく閑散の後に本当に下落する相場もたくさんあるので、過信は禁物です。

どちらかというと私は「閑散とした相場での売買は控えるべし」という意味として覚えている言葉です。

コメント