指し値は取り消すな

言葉と内容がストレートすぎて格言というのもなんなんですが、肝に銘じておきたい言葉ですね。

少しでも高いところで売りたい、少しでも安いところで買いたい、というのは投資家心理として当然誰もが思うことです。

指値の値に勢いよく近づいてくるともっと上がるんではないか、もっと下がるんではないかと感じて指値を変更したりしてしまいがちですが、動かしたせいで指値に届かず、大きな利益を上げるチャンスを逃すという事もあります。

そのように目先の値動きに囚われると上手くいかない場合が多いので注意したいものです。

ただ、勘違いしてはいけないのは長いスパンでの取引の場合。
指標の位置も刻一刻と変動しています。

現在の相場状況に合わせて臨機応変に投資戦略を練り直していく必要があり、当然指値の位置も随時変わっていきます。
そういった時まで含めた「一度建てた指値を取り消すな」という意味ではありません。

コメント