天井三日、底百日

相場はゆっくり上昇を続けて突如急上昇して天井につけ、その後は急降下して底値で長い間横這いの期間に入るという相場の動きの特性を表す言葉です。

相場の上昇スピードはゆっくりなので、買いはじっくり時間をかけて相場の動向を見極めてから判断すればいいですが、高値圏にいる期間は極僅かで、下落のスピードはとても早いので売る時は迅速に判断して行動しなければなりません。

ただし、もちろんチャートの形は一定ではありませんので、全ての相場にこのパターンが当てはまるわけではありません。

コメント