は行

は行

百冊の理論書は1回の売買にしかず

相場の理論書を百冊読んでも、1回の売買に学ぶところは及ばないという格言です。 世の中には相場の本がごまんとあります。 テクニカルを学ぶための本だけで...
は行

早耳の耳だおれ

一般の個人投資家は、プロは特別な情報を入手していたり、会社内部の人しか知らないような情報をいち早く入手して稼いでいると考えますが、必ずしもそうではありません。 ...
は行

人の行く裏に道あり花の山

人の行く裏、つまり大衆とは違う行動を取る事が成功への道、という言葉です。 相場の世界に度々起こることですが、“黙って買っていれば儲かる”または“とりあえず...
は行

半値八掛け二割引

半値八掛け二割引とは、その昔大阪の薬問屋や繊維問屋が、品物が売れない時に値引する目安として使っていたとされる言い回しです。 その値引き割合が、他の相場の底...
は行

初押しは買い

取引手法に「押し目買い」というものがあります。 トレンドは小幅に反落しながら上昇していく事が多く、その反落したところを狙って買いを入れるのを「押し目買い」...
は行

吹き値待ちに吹き値なし

吹き値待ちとは買い持ちをしていて含み損が出ている時の投資家心理です。 上昇するとの思惑と反対に下落してしまった相場で、なんとか吹いたところで売り逃げたいと...
は行

人の商い、うらやむべからず

インターネットで他の個人投資家の取引話を聞く機会も多くなりました。 なかには羨みたくなるような話も聞きますが、他人が上手くいっている話を聞いて焦って投資を...
は行

万人があきれ果てたる値が出れば、高い安いの境なりけり

大相場はいつまでも続かないという言葉です。 万人があきれ果てたる値とは、例えば1980年のバブルの頃に日本で史上空前の値をつけた電力、証券、銀行株。 ど...
は行

半値戻しは、全値戻し

一気に上昇(下降)した相場が半値戻しする時には、そのまま全値を戻してしまうエネルギーを持っているという言葉です。 これは一方向へのトレンドが発生していない...