心理

た行

知者は惑わず、 仁者は憂えず、 勇者は懼れず

儒教の始祖、孔子の言葉です。 道理に通じた者は、事をなすにあたって迷いがなく、仁者は心がおおらかで天命に安んじているから、何事にも心配することがなく、勇気...
た行

大欲は無欲に似たり

この言葉には大きく二つの意味があるようです。 一つ目は「大望を抱く者は小さな利益に興味が無いので、一見無欲のようにも見える」という意味。 見た目はス...
は行

百冊の理論書は1回の売買にしかず

相場の理論書を百冊読んでも、1回の売買に学ぶところは及ばないという格言です。 世の中には相場の本がごまんとあります。 テクニカルを学ぶための本だけで...
あ行

運を待つは死を待つに等し

相場をやるうえで、じっくり時を待ち、絶好の機会を待って取引をするのは大事なことです。 しかし、じっくり機を待つのと、ただ運を待つのは違います。 自分が思...
さ行

相場師は孤独を愛す

相場師はみんな人付き合いが苦手で引き篭もりがちでなければならない、という意味ではないので寂しがりやの方も安心して下さい。 この言葉の真意は、相場師は他人の...
さ行

相場は煩悩の渦

理由はどうあれ、誰もが勝ってお金を稼ぐために相場を始めます。 あらゆる人々のお金を儲けたい!という欲望が相場には渦巻いています。 しかし、実際にその中で...
や行

安物買いの銭失い、安物は高物、価値あるものがものをいう

普段の買い物で、安いと思って飛びついて買ってみたら使い物にならなかったり、すぐに壊れてしまったり、そんな経験がある人も多いと思います。 どんなに値段が安くても...
ま行

もうはまだなり、まだはもうなり

もうそろそろ天井で下がるだろうと思った時はまだ上がるもので、まだまだ上がるだろうと思った時はもう天井だったりするものです。 相場の動きを思惑で捉えるのはそ...
ま行

戻り待ちに戻りなし

「押し目待ちに押し目なし」の逆の状況ですが、押し目は待ちは相場に入りたい人の買い場探しなのに対して、戻り待ちと聞くと高値掴みしてしまったポジションの逃げ売り場探...
は行

人の商い、うらやむべからず

インターネットで他の個人投資家の取引話を聞く機会も多くなりました。 なかには羨みたくなるような話も聞きますが、他人が上手くいっている話を聞いて焦って投資を...
た行

高値おぼえ 安値おぼえ

株価でも為替でもそうですが「高値おぼえ 安値おぼえ」は損の元といいます。 過去の高値や安値は今後の相場の動向を判断するために役立ちますが、過去にこの値段だ...
さ行

相場は相場に聞け

市場に大きな弱気材料が出て「この相場はこれから暴落する!」と判断したとします。 しかし相場はいっこうに下がる気配が無い。 それどころかどんどん上昇を続け...
さ行

仕掛けは恐る恐るしかも大胆に

相場の格言にはリスク管理や損切りの大事さなど、取引は慎重であることを願うものが多いですが、この言葉は慎重さを持ちつつ大胆さも必要だと言っています。 投資に...
さ行

材料はあとから出る

相場が急激に上昇や下降を始める時には材料がある場合が多いですが、実際は値が動いてから材料がクローズアップされます。 「噂で買ってニュースで売れ」という格言...
か行

心動けば相場に曲がる

心動く、という時は色々な場面があると思います。 思惑以上に相場が上昇、下落した時、それが含み益であれ含み損であれ、どうしても心は動きがちです。 もっ...
か行

株を買うより時を買え

良い銘柄を選ぶ事に日夜努力していてもなかなか利益が上げられない人には、いったい何が足りないのか、という時に当てはまるのがこの言葉です。 どんな良い銘柄を選...
か行

買いたい弱気 売りたい強気

上昇してきた相場を見て、これからまだ上がるだろうから買いたいと思っているが、随分一気に上昇したから一旦押し目がきてもう少し安く買えるんじゃないかという気がしてき...
あ行

当たり外れは世のならい

当たっても天狗になる事ではないし、負けても落ち込むことはないですよ、という意味の格言。 「当たり外れ」というのはちょっと博打風味の強い言葉はありますが。 ...
あ行

当たり屋につけ

時になぜかとにかく絶好調な人というのはいるものです。 その人の日夜相場分析にいそしむ努力のたまものなのか、はたまたたまたまなのかはわかりませんが、とにかく...