損切り

さ行

損せぬ人に儲けなし

決して損をしたくない、僅かなリスクも取りたくない、と考えるのであれば、行き着くのは“投資をしない”という選択のみになります。 相場をやるには必ずリスクを取...
あ行

運を待つは死を待つに等し

相場をやるうえで、じっくり時を待ち、絶好の機会を待って取引をするのは大事なことです。 しかし、じっくり機を待つのと、ただ運を待つのは違います。 自分が思...
ら行

利食い急ぐな、損急げ

損切りは素早く、利は伸ばす、という投資の基本を言った言葉です。 利益が乗っているポジションは、一時的に相場が下がったとしても押し目を経て再び上昇する可能性...
た行

つかぬはやめよ

「つかぬ」とは運・ツキが無い時のこと。 ツイてない時は相場を休みなさい、という言葉です。 相場はテクニカル分析、ファンダメンタルズ分析を駆使して、ど...
な行

難平商いは怪我の因

難平(ナンピン)とは買った時よりレートが下がって含み損を抱えた時に、更に買い増しして平均買いコストを下げようとするものです。 1株1,000円の時に買った...
ま行

見切り千両

思惑が外れて含み損を抱えてしまうと、投資家は決断を迫られます。 ここで損切りするか、戻る事を信じてこのまま保有するか。 大抵は戻る事を信じて保有しま...
さ行

しまったら仕舞え

投資は普通儲けられると信じてするものですが、どこか自信の無いままなんとなく投資をしてしまう事もあります。 そうして買った(売った)後にふと「しまった」と思...